人間は、一人では生きられないし、人間だけでも生きられません。ヒーリングネットワークは、人と人、人と自然、人と宇宙とのつながりを考えています。そのことを学ぶための会やおすすめの会を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンドホーンのフォーカライザーのひとりとして名高い、ジュディス・ボーンが久々に来日します。

ジュディスは日本に住んでいたこともあり、日本人グループにも大人気です。
1999年に来日したときも、各地でセイクリッドダンスの会などが催され、大盛況でした。

女神山では3泊4日のワークショップを行ないます。部分参加も可能ですのでご相談ください。フィンドホーンを訪れたことのない方も、この機会にぜひ!

ジュディスからのメッセージです。

Celebrating our Essence ; A Findhorn retreat.

We will come together in the spirit of Findhorn, exploring the principles lived there to deepen our own connection to spirit , nature, ourselves and each other, celebrating who we are through dance and song, meditation, time together and time alone. And so, as we celebrate our essence we bring healing to ourselves and our world


日程:2007年10月18日(木)~21日(日)3泊4日
定員:25名/通訳つき
参加費:3泊4日45000円(+宿泊費27000円=72000円)
     2泊3日37000円(+宿泊費18000円=55000円)
     1泊2日31000円(+宿泊費9000円=40000円)
*宿泊費は8/31までにお振込みの場合の価格です。

連絡先:女神山ライフセンター
 〒386-1437 長野県上田市野倉84-2
 電話 0268-38-0777または9639 FAX 0268-38-6099
 メール dream21@janis.or.jp
 女神山HP http://www.megamiyama.jp/

<ジュディス・プロフィール>

私は1981年に初めてフィンドホーンを訪れ、1週間の体験で私の人生は変わりました。私は、もっと世界に奉仕したいという強い願いを持つようになりました。ドイツで英語を教えていましたが、常に人生の意味を追求していて、太極拳や禅にひかれていました。共に精神的探求をする人たちと一緒に生活ができる場所があればそこに行きたいと思っていました。

ある友人がフィンドホーンを訪れて、その場所についてとても熱心に語っていました。私は英国北部の出身で、スコットランドには何回も訪れたことがありました。だから、フィンドホーンは自分のふるさとのように感じ、大好きになりました。

私はその年のうちにフィンドホーンに戻り、そこのフェローゲストだったある男性に会いました。私はその男性と長い旅をすることになり、その5年後には二人でフィンドホーンに引っ越ししました。

人生を振り返ってみると、人生全体が導かれていたように感じます。そして、ここでの21年間は、私たちの精神的なあり方や、本質的な存在や、現実というものの、より深い理解と経験を導いてくれるものでした。私は、フィンドホーンの根本にある精神的な原則が、ここで成長してきた私の存在の一部になっていることを感じます。

外面的には、私は庭園グループ『Cullerne 』に参加して、最初の5年間を庭園で過ごしました。植物についてだけでなく、成長ということや、相互交流といったことを自然から直接学びました。

私はもともと好きだったダンスへの情熱を復活させて、『Sacred』 ダンスにも参加するようになりました。自分自身や、グループの他の人びとや、ダンスを通じて知ったたくさんの文化や人びととの新しい姿やつながり方を見いだしました。私はゆっくりと教師としての役割に戻っていきましたが、昔の仕事に新しい学びをもたらしていました。

何年かすぎるうちに、私はコアグループでアイリーンと一緒に働くという栄誉を得ることになりました。それは、グループとして一緒に瞑想し、沈黙のなかで、私たちのコミュニティに関する気づきを保持し、ガイダンスに深く耳を傾け、それを実践に移すというグループです。

私はアイリーンから、直観に従うことを学びました。そして、正しいかどうかわからないときにはただ様子を見守ることも。愛はいつも大切にされ、それが難しいときでも自分たちを愛することは非常に必要であるということも大切にされました。アイリーンをいろいろなグループに紹介していく数年のあいだ、ずっと一貫したテーマがありました。つまり、内側に向かい、耳を傾け、行動するということです。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

他に各地で下記のような集まりが予定されています。
東京   10月12日(金)
北軽井沢 10月14日(日)
・仙台   10月24日(水)18時30分~21時30分(予定)遠藤 sorriso@plala.to TEL&FAX022-375-0018

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ

02フィンドホーン関係の会
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。